看護婦から看護師と呼ばれるようになってから

精神力がものをいいます

看護婦が看護師と呼ばれるようになり、最初は違和感がありましたが、最近では慣れてきました。

 

男性の看護師も増えてきたため、看護婦から名称が変わっており、昔よりも男性の看護師も増えてきましたが、実際はまだまだ女性が中心ですよね。

 

看護師の男友達がいるのですが、看護師とやっていくためには、男性の看護師は女性相手でも負けないような強い心をもっている人か、女性相手に機嫌を損ねることなくうまく立ち回れる人のどちらかのなると言っていました。

 

 

このどちらでもない人は仕事が回りにくく、心を病んでしまう人もいるんだとか・・・女性社会は恐ろしく、派閥とかもあるようで、付く方を間違えるとえらいことになるそうです。

 

 

友達は物腰が柔らかくうまく立ち回れているそうで、特に敵を作ることなく仕事が出来ているそうですが、今までにも何人かの男性の看護師と仕事をしたそうですが、みんな転職していったそうです。

 

 

 

看護師も命を預かる仕事なので、白衣の天使なんて人はほとんどいないそうで、わがままな年上の患者さんを相手にも負けないくらいの精神力がいるそうなので、その人たちをやっていくには男性の看護師はうまく立ち回っていく必要があるようです。

 

 

私が昔入院したことがあるのですが、その時の看護師さんはものすごくいい人でしたが、中には言い方がきつく怖い看護師さんもいましたからね。

 

すべての看護師が天使なわけではありませんよね・・・

 

 

看護師の転職はコチラ